HOME>レポート>介護の専門的な知識を学べる初心者用の資格は役に立ちます。

介護の専門的な知識を学べる初心者用の資格は役に立ちます。

人形

介護職員初任者研修は役立つ資格

超高齢化社会といわれるだけあって、介護職の需要は高まっているわりには人材は不足している状態なので、求人募集はいつでもどこでも限りなくあります。そのため介護職は探しやすいと思われますが、仕事は簡単にできるものではなく、専門的なもの,医療に関する知識や技術が必要です。この仕事をしようと思うなら、「介護職員初任者研修」の資格を取得しておくといろいろな面で有利であり、即戦力として働けるでしょう。まずは給料のアップが見込まれ資格手当がついたりしますし、将来に介護福祉士の資格を取るなどのステップアップに繋げられるので、プロを目指すなら最初に押さえておきたいものです。また介護職員初任者研修は、日常生活で家族に高齢者がいたり病気やけがで療養中の者がいたりする場合に活かせますし、地域での付き合いや災害時にでも使える大変役に立つ内容なのです。

車椅子の模型

介護職員初任者研修の気になる内容

介護職員初任者研修の内容は介護の基礎や理念、老化による体と心の変化などの専門的なもの,医療を学ぶ講座と、排泄や食事介助等の生活支援の技術を学ぶ実技があります。講習は全部で130時間で、取得期間はスクールに通うか通信教育を選ぶかで違ってくるのですが1~4ヶ月かかり、費用は5~15万円ほどです。講習終了後には筆記試験があるのですが、これは講習をきちんと学べているかの確認のようなもので、例え不合格になったとしても追試でほぼ全員が合格できるようです。また国は介護職員初任者研修の取得をバックアップしており、ハローワークでは条件付きで無料の受講や受講料の一部を給付するという援助があります。介護事業所ならそこへの就職を条件に無料で参加できるなど、介護の人材確保に力を入れられているのがわかります。実際に仕事をするようになれば教科書通りにいかないことが多々あるのですが、基礎をしっかり押さえていればおのずと応用できるものです。お世話をしている方から「ありがとう」と言われればうれしくもあり、やって良かったとやりがいも感じられることでしょう。